page_1
夜明け前のリマ。深夜4時。
しかしこの日は住民たちにとって
決して忘れられない日となる。
5月27日。
なにもかも揺れている。
首都が揺れる!!
屋敷住まいの老人たちは大丈夫か?
2012年、世の終焉?
「揺れてる!!」
「じいさん起きろ!!」
「落ち着け、すぐ止まるよ!!」
「誰なの、私のベッドを揺さぶるのは?」
----------------------------------------------

ブルーン

「助けて!!」
「神様お助け下さい!!」
「おい、おまえ無神論者じゃなかったのか?」
-----------------------------------------------

「みておばさん、近所のお姉さん
チョラパワーなんだ!」
「マルセロ、安全な場所を探しなさい!!」
「さあ、マルセロ、あのおばさんに従うのよ!!」
激昂する自然を抑えることはできない。

- 1 -
page_2
ブルーン!
「またか!」
「この音は!!」
-------------------
「息子よ、なにがあっても
おまえをはなさないからな!」
「パパを独りにしたりしないよ!」
----------------------------
ブルーン!ブルーン!
------------------------------
ブルーン!
-------------------------------
おかしなものすごい煙が街を包む
「もうおしまいだ!」
「あぁ、目が!!」
「ホアン、ホアンはどこだ?」
「ママー!」
「“どっきり”のカメラはどこだ?」
「(ぼく、今日の誕生日は
ゆっくり過ごそうと思ってたのに。)」
--------------------------------------
「うわぁぁ!!」
------------------
気候の変化
「いやぁぁ!」
「神様私たちにご加護を!!」
「助けて!」
---------------------
洪水
------------------------
いったいなにが起きているのか?
「わかった、わかった、落ち着けよ!
何でもない、すぐ終わるって!」
- 2 -